2003年12月02日

ミャウリンガルは必要なのか
「バウリンガル」の猫版。
猫の言葉がわかるという、あのメカ…。(メカっていうか)
ちょっぴり欲しいような気もする。
しかしうちの猫どもの場合、どうだろう。
先日も省吾(猫)とケンカした私です。
「ぐにゃににににあおう」
「なんですか省吾さん! そのいいぐさ!」
「ぎーぎーあああおうがーおう」
「なんやて! きみにそんなこと言われたかないね!」
「にゃふーのふん」
「いきなりそんな言うてもだめです!」
「ぐむぐぎう…」
「泣くなよ…わかったよ、ごはん出すよ…」
ついでに
「どう思いますか拓己さん、今の省吾について。ええ?」
「ふう」
「あ、そう…」
もちろん猫が人間語をしゃべっておるわけではありまへん。
一人で猫相手に口論してる姿って、あほやね…。(という結論なの?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です