2005年01月16日

ひきつづいて
猫の手を借りて生きています。
省吾(猫)が私の目の前でイタズラをしたので
首根っこをひっつかまえたまではいいが
あんまり念入りに叱っているヒマがなかったので
拓己(猫)のところに連行してゆき
依頼してみた。
「たくみさん!このひとを叱っておいてください!」
二匹とも、ちょっと困った顔だった。
まあ、それは、そうね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です