歴史はくりかえす…

20050402110607.jpg

ただいまの飼い主は、トホホな気持ち。

某日、あれは夕方の頃だったかしら、
たしかにニャーとかギャーとかうるさく言われたんだ…

「ちょっと待て!
今はな、ぐおっと集中せねばならんのです!」

飼い主はそう答え…
猫も、まあ、ちょっとは待った…。
たぶん、待った…。

その後の数時間の記憶がナイよ。
原稿を書き終えたら、あら真夜中ですね…

おや、なぜ、しょうごさんが、挙動不審なのかしら…

なんで古新聞の束から異臭がするんだい!
どうして、ありえないところが臨時仮設トイレになっているんだい!
だれが許可したよ!
コラー

と叱られる前にダッシュで身を隠す省吾。
犯人、ばればれです。

でも…
飼い主が…わるいのだわ…。
猫トイレの掃除を…してなかったわ…。

省吾も省吾で
「俺は、プライド高いんだから…
臨時仮設トイレなんかキライなのに…
ほんとはキライなのに…」
そんな、ぶすくれた顔をしている。
そして、悪行をみつかって、へこんでいる。
「ガマンできなかったし…そこしか、あいてなかったし」

おたがいに
ムスーと
ふてくされる猫と人。

こんなこと前にもあったよ。
あったよなー。

なのに、くりかえしちゃうんだなー。
歴史がなー。
はー。

「ゴメンなー。
あんたは、ほんとはいいコだよ」
省吾をなでなでして謝りました。
トホホホホ…


余談。
そんなとき、そもそも逃げもへこみもしない拓己。
ヤツは、すずしい顔で
人間さまのトイレを使いやがるのさ…

そして、ボチャンと落ちたこともあったよな…。(二度とくりかえさないでくれ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です