家主

20050429032208.jpg

猫専用ブログなのだから、
ポカフカ王国の家主は猫…なのだ。きっと通常の三倍でニャー。(寒いガンダムネタ)
新刊話で間借りしてすまぬですよ、猫たちよ。


たくみの毛並みは、もともと、しょうごにくらべてパサパサ気味。
手触りは、しょうごが「ツルル」なら、たくみは「フカカ」な感じ。

しかし、このところしばらく、たくみを撫でると「バササ」だった。
うう、おまいさんの美しい毛艶が…キューティクルが…ポカポカフカフカが…
飼い主は胸を痛めた。

「つうか、あんたのおかげさまだから!」
そういう顔を、ヤツはしていた。

飼い主が
風邪を長引かせて
ぜえひい呼吸困難だし
熱はあがるし
病院にいって点滴してもらって…

そして帰ってきたら
シメキリギリギリギリ
とか
なぞの呪文唱えてて
ただいまもろくに言わないで
たいそう猫に無礼をかまして…

そんな折りに
「うわあパパンが入院したあ、どうしたらー」
って、
どのみち風邪の菌がくっついてる人間が、病院に見舞いにいけるわけでもなし、どうしたらも何も。

「うわあパパンが退院したあ」
だからどのみち風邪の菌…(以下同文)

「シメキリギリギリギリギリギリギリげほごほ」
呪文は長い。
でも猫はモンクは言わないよ。猫だもの。

ちょっと毛並みが悪くなるけどな…。


シメキリの呪文を唱えていた飼い主が、ようやくハタと気がついた。
「たくみの毛がパサパサ!えーん!ゴメン!」
遅いつうの。フン。
しょうごなんか、クロゼットの奥に隠れてるじゃんか。
どうなのさ。
「ゴメンゴメンゴメン」
謝りたおす飼い主であった…

きみたちが教えてくれるおかげで、
飼い主は、ムリやムチャに気がついて、
「おちつけ…まずは休もう…」
と、我にかえる。

毎度、カンが悪くて、ごめんなあ。
ありがとなー。


今日のたくみは、
なかなかフカフカ。
嬉しいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です