カワイイのコトダマ

20050621120220.jpg

猫らと暮らして
「良いこと」「オトクなこと」「嬉しいこと」は無数にありんすが、
殊更に良いなァと思うのは
「可愛いね!」とか
「好きだよ!」とか
そういう種類の素敵な言葉を
日々何回も
(何十回でも何百回でも)
口から発していられることではありますまいか。

言葉は大事。
特に口に出す言葉の、そのパワーは、まっこと侮っちゃあいけねえよ。
と、昔から人は信じていたので、
「言霊(ことだま)」
という日本語が、いまの世にも生きている。


以下は、ちょいとしたワタクシゴトなのですが…

一時期しばし、
自分でもヤだなーと思いつつ、自分では止められない口癖がありました。
一人になって鏡を見ると
「嫌い!」
「可愛くない!」
と、なぜか、瞬発的かつ自動的に
私にむかって口走る私がいるのであった。

んで、自分自身から罵られると
「そんなコト言う自分、ひどいわー。あんたこそヤなヤツよー、嫌いよー。…ってそれも自分だから堂々巡り!」
無限メビウスな、ガッカリな気持ちになるのでした。

「コトダマなめたらあかんで」

私のなかの
ちっちゃい名もなき神様は、そう忠告する。

「どんなに考えなしに発しても、
いちど口から出した言葉には、神妙なパワーが宿るんやで」

うん、私も、そう思う…。


「かわいいな、かーわいいな」
猫にむかって、
たくさん口に出して、
「好きだ好きだー大好きだー」
ナイスな言葉を、どんどん言おう。
だって、こやつらは絶対マジに本気で、たまらんほど可愛いもん!
めっちゃ正直な曇りのない言霊がここに!
(猫を見る目にウロコが何枚かくっついている…のはまあ…おいといて!)


昨今の我が家では「可愛くない」のコトダマ、めっきり発生せず。
(べつに飼い主は変身変化もせず可愛くなってもいないでやんすがー)

これも
お猫サマの効用。
たぶん。
本当。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です