ご健勝でなにより。

某けっこうひさしぶりにご対面した御仁(ていうかオカザキタケシせんせいですよ)に開口一番

「うお、アンタ顔が変わった」

と言われた。

「なんやて!?それは良い意味でなのかワルイ意味でなのか!?」

「んー、年相応の方向に」

くっ。反論の余地がねえ。

気がつけば、とっても長いおつきあいになりました。

『イズミ幻戦記』の1巻目の時点で誰が予想しただろう、この歳月。

しかもなんだか数奇な風味に流転している運命。

今も一緒にお仕事をしていただける、そのありがたさをヒシと噛みしめた。

というわけで岡崎さんと、健闘というか激闘を誓いました。

出すぞ新刊。

春に!

(なので岡崎せんせい、利き腕の小指のケガは無事に治してください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です