プロトタイプの補足…

若木 未生
イズミ幻戦記〈6〉烙都紅蓮編(3)

押忍。補足します。下のやつは、イズミ6巻の後日談です。

しかしこれは1995年に書いちゃっている……つまり本編より前に「書いてみた」しろものなのでプロトタイプであると。

当時これを読んだ人には、とてもナゾの文章だったことでしょう……。すみません……。なんか……私、そんなことばっかりやってるなー。

京都編がないと意味不明ですよねえ。

そしてこの小説アーカイヴをやっててひとつ困っていることは、

「横書きになること」

「フリガナがつかないこと」

「傍点がつかないこと」

って、ひとつじゃないな。あー、まあ小説の文章としては、ちっと不自由なことです。

普段は傍点とフリガナをたくさん使うので、なんか、こう……隙間風。

うううーん、ブログがもっと進化したらいいなあ。

んなことより今は2006年だよ! 95年ですって! 嗚呼、こっ恥ずかしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です