エクサールとメタルバードとゆめのつるぎとザザ

自分の中でも、いつも胃に重くひっかかる感じで気になっていて

ときどき読者様から「どうなりますか?」と質問をいただくこともあるので

現時点でのお話を。

「エクサール騎士団」(集英社コバルト文庫)について。

今のところ、処遇が決まってません。

続きは書きたいので、なんらかの方法を探したいと思ってますが…。

ハイスクール・オーラバスターと真・イズミ幻戦記の、どっちかが完結したら、とりかかれるかな…。

この作品を待っていてくださってる方には、ほんとうに申し訳ないです。

「メタルバード」(徳間デュアル文庫)について。

すみません。すごく行方不明になっています。

このままにはしないで、仕切り直したいです。

ちなみに、メタルバード、ただいま文庫の入手が難しい模様です。

徳間さんの携帯サイトでは、全作品が読めます。→徳間書店モバイルhttp://tokuma.to/

「ゆめのつるぎ」(集英社コバルト文庫)について。

これは前後編のはずで…後編の原稿も少し書いてたんですが、

いろいろ事情があって、宙に浮いています。

読んでくださった方には、お話が続いたままで申し訳ありません。

この作品については、書くべき時期も場所も違っていたのに、

判断を誤ってしまった、失敗してしまった、という反省の気持ちが強いです。

でも、この作品と題材には思い入れがあるので、改めてやりなおしたいです。

こうして列記すると、申し訳ないことばかりで、なんかもう泣けてくるんですけど

自分でまいた種だし、プロは言い訳すんな。

結果が全部だ。

と、思うので、とにかく一生懸命、結果に向けて取り組みます…。

ただ、あんまり黙ってると無関心みたいだから、ときどき、こんなふうに中間報告をします。

ところで「XAZSA」(集英社コバルト文庫)は、もう書かないのかと、質問いただくこともあるんですが、

私は「メカニックスD」までで、XAZSAという題材で書きたいものは書き終わったかなと感じてます。

そんなわけで、今は、新作を書く予定はありません。

オムニバス形式の作品なので、書きたくなったら突然書くかもしれないですが…。

懐かしくて大事な作品だから、軽々しく新作を書いてイメージを壊すのも怖い。

そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です