ゼロワンとかプレミア小冊子とか完結記念本とか

先日、家族に「ケータイ小説書いてるの?」と言われた私です。

いや、どうなんですかね…世間で呼びならわされる「ケータイ小説」は、もうちょっとケータイの画面で見ることに特化した、ニュータイプな書き方をしているんじゃないかしら…

携帯サイトで小説書いてますが、おおむね普段どおりにオールドタイプにやってます。横書きになることと、傍点がふれないことが、いまのところ大きな違いかなあ。

あと、書いたものが、けっこうすぐ載る(紙媒体にくらべて)ので、ライブ感というかリアルタイム感が強い。

月刊連載くらいのイメージをもって臨んだのですが、週二回更新って、予想以上に、どんどん進みますなあ。あっという間に原稿のストックがなくなるのでこわいよ…。

最後まで、楽しく元気にやりたいと思っております。

でまあ「ゼロワン」なんですけど、

吉本興業さんにご協力いただいて「M-1グランプリ」の舞台裏を取材させていただいたり、関係者の方々にお話をうかがったりして、去年から仕込んでまいりました。

主人公2人がそれぞれ私と世代が違うオタクなので、オタク分野の時代考証(おおげさな…)が意外と面倒くさいです。

「ゼロ」と「ワン」は、主人公達の名前の「零」と「王」の文字から取ってます。

これから「壱」という人も出るので、厳密には「ワン」は2人いるんですが…。

キカイダー01でも、プロレスの団体でも、フォンブレイバー(ケータイ捜査官7)でもないのよ…。なんか、各方面にかぶっちゃって、すみません。

ええと

そんなわけで、ライブ感がすごいので、ぜひライブで読んでみてくださいー。よろしくお願いします!

それから、新装版グラスハートの応募者全員サービス「書き下ろしプレミア小冊子」というやつの締切が、

4月6日です!

まもなくです。

郵便局で500円の振り込みをしていただいたうえ、控えと応募用紙を郵送していただくという、もろもろの手間暇をおかけしてしまうのが恐縮ですが、

ほんとに今回のご応募ぶんしか作らないので、よろしくお願いいたします!

うわ、いま見たら、裏表紙がわのオビに応募期間「2月28~3月31日」って書いてあるけど、これはマチガイだと思います…

4月6日が正しいです。正しいことにします。

あと

昨年末に作りました、個人的な同人誌のほうの、グラスハート完結記念本、

品切れしてたリブレットさんに再入荷しました。

【R&R IS NO DEAD】
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/LIVRET/sp_megalo_rr.php

こちらです。

この本は、新装版の刊行期間のうちは、なるべく手に入りやすい状態にしておくつもりです。

あれ、今日の記事は長いな。

いろんな話を一回にまとめるからですね。こまめに分割すべきだよね。

もっとブログ書こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です