4/14発売 アンソロジー『ポストコロナのSF』に寄稿しました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポストコロナのSF (ハヤカワ文庫JA) [ 日本SF作家クラブ ]
価格:1166円(税込、送料無料) (2021/4/14時点)

楽天で購入

 

 

ハヤカワ・オンライン https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000014813/
版元ドットコム https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784150314811

2021年4月現在、いまだ終わりの見えない新型コロナウイルスのパンデミックにより、人類社会は決定的な変容を迫られた。この先に待ち受けているのは、ワクチンの普及による収束か、あるいはウイルスとの苛酷な共存か。それにより人類の種属意識はどう変わるのか――まさに新型コロナウイルス禍の最中にある19名の作家の想像力が、ポストコロナの世界を描く19篇。日本SF作家クラブ編による、書き下ろしSFアンソロジー。

〈収録作品〉
小川哲「黄金の書物」/伊野隆之「オネストマスク」/高山羽根子「透明な街のゲーム」/柴田勝家「オンライン福男」/若木未生「熱夏にもわたしたちは」/柞刈湯葉「献身者たち」/林譲治「仮面葬」/菅浩江「砂場」/津久井五月「粘膜の接触について」/立原透耶「書物は歌う」/飛浩隆「空の幽契」/津原泰水「カタル、ハナル、キユ」/藤井太洋「木星風邪(ジョヴィアンフルゥ)」/長谷敏司「愛しのダイアナ」/天沢時生「ドストピア」/吉上亮「後香(レトロネイザル) Retronasal scape」./小川一水「受け継ぐちから」/樋口恭介「愛の夢」/北野勇作「不要不急の断片」

『ポストコロナのSF』
日本SF作家クラブ(編)
定価1166円(税込)

出版社 : 早川書房
発売日 : 2021/4/14
文庫 : 535ページ
ISBN-10 : 4150314810
ISBN-13 : 978-4150314811

書きおろし短編「熱夏にもわたしたちは」が掲載されています。
青春もので百合です。
たいへん豪華な執筆陣の御本に参加できてうれしいです。
ぜひご一読ください。

インタビュー掲載『大人だって読みたい!少女小説ガイド』発売中です

大人だって読みたい!少女小説ガイド
嵯峨 景子 (著), 三村 美衣 (著), 七木 香枝 (著)

発売日 : 2020/11/19
単行本 : 229ページ
ISBN-10 : 4788717042
ISBN-13 : 978-4788717046
出版社 : 時事通信出版局

若木未生インタビューと、「ハイスクール・オーラバスター」「グラスハート」のガイド記事を掲載していただいています。

【新刊】『われ清盛にあらず』本日発売です


書きおろし新作
『われ清盛にあらず』
若木未生

2020/10/15発売
祥伝社
https://www.shodensha.co.jp/
文芸単行本
1760円(税込)

装画・佳嶋
装幀・芦澤泰偉

ISBN-10 : 4396635982
ISBN-13 : 978-4396635985

amazon
https://amzn.to/32tpRI2

楽天ブックス
https://a.r10.to/hzpAYa

honto
https://honto.jp/netstore/pd-b……42215.html

版元ドットコム
https://www.hanmoto.com/bd/isb……4396635985

●あらすじ

田中芳樹氏絶賛!
「若木未生の新境地。源平合戦に新たな光をあてる画期的な作品だ」

栄華を極めた平家で、棟梁に次ぐ存在だった頼盛は、争乱末期、鎌倉にいた。
壇ノ浦の後も生き延びたその数奇な生涯とは。

不世出の成功者を新たな視線から描く

寿永2年(1183)、木曾義仲により、京都六波羅を追われ西へと落ちた平家一門。同年冬、清盛の弟・頼盛の姿は鎌倉にあった。
正妻の子として、一時は清盛に代わる平家の棟梁と期待された頼盛は、なぜ一門を離れたのか。
偉大な兄をひとえに支え続け、決して野心を表にすることのなかった頼盛と、兄があえて殺さず流罪とした宿敵・源頼朝を結ぶ因縁とは?
後白河院、白拍子、仮面の童子蜻蛉……異能のものが、平氏の世の終わりに演じた役割は?
歴史の急変期における英雄の生き様と、たえまない無常の流れを記す幻想の歴史小説。

●COMMENT 若木未生より

新しい本が出ます。
かつて『ゆめのつるぎ』という作品で書こうとして頓挫してしまった源平合戦のお話に、いまの自分の全力で挑もうと思いました。
物語の中心にいるのは平清盛、そしてその異母弟である平頼盛です。

栄華を手にして「盛者」となる清盛と、あくまでも彼の影に徹する頼盛のあいだに、どのような心の行き交いがあったのか。
若くして死した平家盛の存在と、流人となった源頼朝の関わりとは。

歌人西行、白拍子祇王御前、後白河法皇、「仮面の童子」。
あまりに激しい時代の流れのなかを懸命に生きたひとびとと、宿業の物語です。