まよいねこ

20050505104703.jpg

(画像は省吾です。「省吾ダッシュ」ではなく…)

猫飼いは、猫を見かけたら、挨拶をするクセがついている。
それがご近所の猫でも、旅先の猫でも、知ってる猫でも初対面の猫でも、
「やあやあ!あなたさまは可愛い猫だ、素敵な猫だ、いかした猫だ、ナイスな猫だ!」
「おう。そうだろ」
「もうかりまっか」
「ぼちぼちな」
「ほなまたー。失礼いたしますー」
「ん。達者でのう」
まあこれくらいは基本のご挨拶といえましょう。(そうか?)

しかし昨日、道端で出会った猫は、ちょっと違っていた。
やあ!と私が挨拶をしたら、
「わあああああん!」
突然の大声。
「わああん!わああん!」
初対面の私の足元に寄ってきて、しきりに訴える。
なんだきみ、人間に慣れてるね、ノラじゃないね…どうしたの…どこから出てきちゃったの…

ていうか、あなた、省吾にソックリじゃないですか…
「まさか省吾じゃないよな?」
いやいや、シッポが長くてまっすぐだ。うちの猫はシッポ折れてますから。ああびっくりした…

でもどうして私にむかって突進してきたの。うちに省吾がいること知ってるのか、きみは…(まさかな)

「あーん!えーん!」
大声あげて、省吾ダッシュ(仮名)が、私のあとを追っかけてきた。
「この道は、車が通るから危ないよ!ここで待ってて!」
と言ったけど、人間語は通じないかなあ、だめかなあ、どっか行っちゃうかなあ…

近くのコンビニで猫缶をひとつ購入。
急いで戻ったら、まだいたよ省吾ダッシュ。まだ大声でないてたよ。
「これっくらいしか、できないんだ…。スマン…。まあ、お食べよ…」
「わああもぐわあああんもぐ」
「ないて食べて忙しいな、きみ」
「もぐもぐ、わあん」

きみが、ほんとは迷子でも捨て猫でもなくて、このあと、のうのうと家に帰って、飼い主さんに「どこで余計なごはん食べてきた!」と訝られる…んだったら、いいなあ…

とても、心から、そう願った。

省吾ダッシュの顔をして、私に突進してきたんだから、きみはなかなか相手を見る目があるよ…

「大丈夫か。気をつけてな。じゃあね」
お別れを言ったら、もう、ついてこなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です