ネコミミ

やつらの耳。
魔物のミミ。
あやつらに、踏まれたり蹴られたり乗られたりしつつ思う…
なんだい、かわいいからって何でも許されると思って!
そんなぴょんとしたミミしちゃって、
あんたなんか、
うう…
か、
かわいい…
その、へのんへのんした手触りの、ふやふやの耳を、もっとさわらせてくれい…
はー。(言葉もなし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です