ノイエ・ムジーク

 中指で黒鍵を一度。
 叱るように一音のみ。

 重く意図をもつ音を。
 鳴らす。

「リクエストは?」
「ネコフンジャッタ」
「……どうしてもというなら」
「うお。ていうかキサマ弾けるのか猫踏みマーチが!」
「弾けないと困るんじゃないかな、それは。一応、人前でも弾く身として、その難易度のものなら」
「つーか、そうか、俺もきみのサービス精神は買っているのだが、ちと一瞬びびったぞ、
ニコニコして猫を踏む里見君のピアノつーやつは勘弁だ。おお見よ俺の鳥肌を、ぞわー」
「それは西城の感受性の問題だろう」
「まったく俺は天才で困るなあ里見君よ」
「俺は西城を友人に持って困った経験はないつもりだな」
「ああ里見君、ニコニコ笑って心から神に感謝する曲を弾きたまえよ」
「……困った」
「うっはっはっは! ざまをみろ。ふん」
「神はともかくとして、心ばかりの感謝や希望の念くらいなら、俺にもあるよ」
「あるのは当然。なかったら殴るが。出し惜しむのがイカンつーとるのだ日本語の通じない馬鹿め」
「ああ。わかるよ、よく」

 薬指。高音のBフラットを奏でて、密かに笑う。
 ピアニシモの、透明な。
 午後。

M.WAKAGI.

DEADSTOCK
for J.SATOMI

※初出 2000年3月 (商業誌未発表作品)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です